2019年10月刊発売しました

2019.10.04

レジェンドノベルス2019年10月刊発売

本日より、記念すべきレジェンドノベルス1周年にあたる10月刊4作品が発売開始されました。

地域によって書店への入荷日が異なりますが、早いところでは本日夕方頃より店頭に並びはじめ、数日のうちに全国の書店様に並ぶ見込みです。

電子版は本日より既に配信開始しております。

 

10月刊の新シリーズは、いずれもレジェンドノベルス・エクステンドで登場の『異世界の名探偵 1 首無し姫殺人事件』と『信長と征く 1 転生商人の天下取り』。シリーズ続刊は『女王陛下の異世界戦略 3』と『幼女とスコップと魔眼王 2』です。

各作品の詳しい紹介はこのページの下の方にあります。

 

また今月は、4作品それぞれにつきまして、購入店舗によっては特典がもらえる場合があります。

特典配布店舗はこちらです。 

 

『異世界の名探偵 1 首なし姫殺人事件』

アニメイト ・三洋堂 ・各応援書店:特典SS「雑すぎるダイイングメッセージの謎

ゲーマーズ:特典SS「両端の燃えた煙草の謎

・とらのあな:特典SS「存在しない番犬の謎

メロンブックス:特典SS「甘すぎるパスタの謎

・各電子書店:特典SS「遠回りする魔術師の謎

 

『信長と征く 1 転生商人の天下取り』

・アニメイト ・三洋堂 ・各応援書店 ・各電子書店:特典SS「源吉の金」

ゲーマーズ:特典SS「源吉七歳の邂逅」

・とらのあな:特典SS「藤吉郎初来店」

メロンブックス:特典SS「浅田屋の女主人」

・メールマガジン:特典SS「龍の見る夢」

 

『幼女とスコップと魔眼王 2』

ゲーマーズ:特典SS「フリードの不安

三洋堂  ・各応援書店 ・各電子書店:特典SS「光に集る蛾

・とらのあな:特典SS「憧れの【千剣】

メロンブックス:特典SS「外街の八百屋

 

『女王陛下の異世界戦略 3』

ゲーマーズ ・とらのあな ・メロンブックス ・各応援書店 ・各電子書店

 :特典SS「──蟲たちは考える」

 

 

※アニメイト様では、特典の配布を実施していない店舗がございます。各店舗でご確認ください。

※応援書店特典を実施している店舗についての個別のお問い合わせにはお答えできません。ご了承ください。

※各店舗の掲載順は五十音順です。

 

さて、おまたせしました。今月の新刊はこちらです!

 

『異世界の名探偵 1 首なし姫殺人事件』片里 鴎・著/六七質・装画

 元警察官でミステリーマニアだった「俺」は、探偵にあこがれて私立探偵となるが、くだらないもめごとに巻き込まれて死んでしまう。

 こんなのは本当の俺じゃないんだ。

 そう強く願ったことが幸いしたのか、「俺」は記憶を持ったまま異世界の住人として転生し、ヴァンと名乗る。

 転生した先は、剣と魔法、そしてモンスターとダンジョンがそこにある、ファンタジーの世界。しかしヴァンは、持ち前の魔術の才能に前世からの知識や記憶を活かして、王都の名門校に入学する。

 入学から3年。王女から表彰を受けるほど優秀な成績を収めたヴァンだったが、その表彰式のさ中、惨劇は起きた。不可解と言えばあまりに不可解なこの事件を解決できるものは誰もいなかった。ただ一人、前世ではミステリマニアで「真の探偵」を目指していたヴァンを除いて。剣と魔法の世界に突如として誕生した名探偵の推理がさえわたる「本格異世界ミステリ」、開幕。

  ISBN:978-4-06-516712-0

 購入はこちら

 

『信長と征く 1 転生商人の天下取り』入月英一・著/宮下英樹・装画

 現代日本から戦国時代へと逆行転生を果たした、熱田商人、浅田屋二代目大山源吉。彼は戦国時代に誰が覇者になったかを知っている。そこで転生者としての知識を最大限に活かしたうえで、商人として銭の力で天下取りを画策する。

 もちろん大山は武人ではない。彼は美濃・尾張の雄「織田信長」を神輿として担ぐことを決意した。織田信長といえば、戦国時代において武力のみならず、「銭=金」の力を理解した数少ない偉人だ。

 果たして、大山源吉は信長と共に戦国日本を制覇することができるのか!?

  ISBN:978-4-06-516709-0

 購入はこちら

 

『幼女とスコップと魔眼王 2』丁々発止・著/chibi・装画

 魔眼王として覚醒した継人とルーリエだったが、継人はサイクロプスを倒した自分たちが他の冒険者や不逞の輩に狙われるのではと警戒していた。その懸念は的中し、早速ルーリエがさらわれてしまった。
 ルーリエをさらった誘拐犯を見失い、途方に暮れている継人の前に現れたのはレーゼハイマ商会に所属するBランク商人のフリードと名乗る老人だった。フリードはレーゼハイマの当主が継人に興味があることを告げ、継人はルーリエの捜索にレーゼハイマの力を借りるため、その招きに応じることにした。継人はレーゼハイマの当主と会談し、彼になんとも説明できない異常性を感じ困惑するが、なんとかルーリエ救出の協力を得ることには成功した。
 フリードと協力し、ルーリエの手がかりをつかんだ継人だったが、すんでのところで誘拐犯とルーリエはすでに移動した後。しかし、聞き込みの結果、ルーリエは北の街ロゾリークに連れ去られたことが判明する。
 そのころ、魔鉱都市ベルグの遥か北の岩場では『三大兇紅』と呼ばれるセフィーナが覚醒、セフィーナ討伐隊が組織されるが、セフィーナは討伐隊を一蹴。なんと、ロゾリークの街を目指し始めるのだった……。

 ISBN:978-4-06-516711-3

 購入はこちら

 

『女王陛下の異世界戦略 3』第616特別情報大隊・著/巌本英利・装画

 マルーク王国、シュトラウト公国を瞬く間に殲滅せしめた蟲の女王・グレビレア。

 彼女は、シュトラウト公国の湾岸部にちょっかいを出してくる賊に興味を示す。彼等の正体は、公国近海で略奪行為を行う女海賊・イザベルとその一味であった。海賊たちは「アトランティカ」という共同体を成しており、その戦力は馬鹿にはできない。

 グレビレアはイザベルと結託し、海上戦力の強化をはかる。これは、すみやかに第三の目標「フランツ教皇国」を攻め入るための布石だーー。

 ISBN:978-4-06-516710-6

 購入はこちら

 

FOLLOW US

TOP