幼女とスコップと魔眼王

幼女とスコップと魔眼王 2

著:丁々発止
イラスト:chibi

定価
本体 1200 円+税
発売日
2019年10月06日
ISBN
9784065167113

 魔眼王として覚醒した継人とルーリエだったが、継人はサイクロプスを倒した自分たちが他の冒険者や不逞の輩に狙われるのではと警戒していた。その懸念は的中し、早速ルーリエがさらわれてしまった。
 ルーリエをさらった誘拐犯を見失い、途方に暮れている継人の前に現れたのはレーゼハイマ商会に所属するBランク商人のフリードと名乗る老人だった。フリードはレーゼハイマの当主が継人に興味があることを告げ、継人はルーリエの捜索にレーゼハイマの力を借りるため、その招きに応じることにした。継人はレーゼハイマの当主と会談し、彼になんとも説明できない異常性を感じ困惑するが、なんとかルーリエ救出の協力を得ることには成功した。
 フリードと協力し、ルーリエの手がかりをつかんだ継人だったが、すんでのところで誘拐犯とルーリエはすでに移動した後。しかし、聞き込みの結果、ルーリエは北の街ロゾリークに連れ去られたことが判明する。
 そのころ、魔鉱都市ベルグの遥か北の岩場では『三大兇紅』と呼ばれるセフィーナが覚醒、セフィーナ討伐隊が組織されるが、セフィーナは討伐隊を一蹴。なんと、ロゾリークの街を目指し始めるのだった……。

幼女とスコップと魔眼王 1

著:丁々発止
イラスト:chibi

定価
本体 1200 円+税
発売日
2019年06月07日
ISBN
9784065152270

 とある事件をきっかけに、憎しみと後悔のうちに人生を終えた高校生の炭原継人。
 死んだはずの彼が目覚めた場所は見知らぬ洞窟の中だった。見渡すとそこは、、天を貫く刺のような巨大な山々がそびえ、現代文明が浸透しているとはとても思えない世界だった。
 明らかに地球ではないその世界で、継人は洞窟の岩石堀りの仕事に就く。
 そのさなか、一人の幼女と出会い、自分の眼に禍々しい力が宿っていると気づいたとき、継人の物語は動き出したのだった。

FOLLOW US

TOP